2013年7月22日月曜日

スターズ★ピースの特徴①つづき

 こんばんは。
 土用の丑の日ですが、国産うなぎが高くて思いとどまってしまいました。


 今回は「バン!」とか「!?」について書きたいと思います。
 正直なところ逆転裁判やダンガンロンパの追及パート(裁判とか)並みに派手な演出を入れたいと思っていましたが、こちらは完全な2Dですし、いわばノベル系のアドベンチャーゲームのツールを使っているので、そこまでリッチなことはできませんでした。






 しかしながら、できる範囲で編み出したのが「バン!」でした。
 画像自体は数枚であとはツール側の動きで演出を作りました。
 バン!もドン!もバーン!もババン!も同じ要領で増やしました。
 他にはそれらのアレンジで、ガーン!とかゴゴゴゴ……とか入れていった感じです。





 これらの演出のおかげで、実はそんなに大したことを追及してない激論パートでもそれなりに盛り上がるようになってます。
 なんとか実装できてよかったです。本当に。




 もう一つ、地味だけど多用しているのが、「漫符」です。
 これは他のアドベンチャーゲームでもよく見られます。
 今作はボイスもないので、かなり多用しています。種類も17ほどあります。
 ただ読んでいるだけだとテキストにしか目がいかないので、漫符があることで、立ち絵の部分にも目が行きますし、
 これも入れられてよかったなと思う要素です。

 とこれくらいでマンガフレームの話はおしまいにします。
 また次回も読んでやってください。



 ※無料版も完全版も配信中です。詳しくはHPへどうぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿